仮想通貨を掘ってみよう!(マイニング/Mining)

仮想通貨
スポンサーリンク

今回は、仮想通貨初心者でも気軽にマイニングができる方法を紹介したいと思います。

 

マイニングって言ったらやはりBitcoinが有名ですが、自宅のPCにある普通のパソコンで掘ろうとすると1か月で1円くらいしか掘れません・・・。

ではどうするかというと、他のコイン(仮想通貨)を掘ろうぜ!となります。

 

マイニングには大きく3種類存在します。

  1. CPUを使用して掘るコイン
  2. GPU(グラフィックボード)を使用して掘るコイン
  3. HDD(ハードディスク)の空き容量を使用して掘るコイン

 

まず、CPUを使用して掘るコイン

 

とりあえず有名なのはMinerGateを使ったXMR掘りですね。

MinerGateの中では、XMR(Monero)が一番掘れます。

MinerGateのサイトからアプリをダウンロードしてインストール

インストール後にアプリを開き、MINERタブでXMRのCPU MININGの再生ボタンをクリックするとマイニングが始まります。

再生ボタンの右側にある数字(CPU CORES)で使用するコア数を調整します。重いなと思ったら数字を下げます。

ちなみに、MinerGateは、Windowsの他に、Mac、Ubuntu(Linux系)、Fedora(Linux系)で掘ることが可能です。

 

 

次に、GPUを使用して掘るコイン

 

一般的に家にあるPCのグラフィックボードはGeForce系ではないでしょうか。

しかしながら、GeForce系でマイニングしようとするとコインが限られてきます。

なぜなら、GeForce系よりもRadeon系のほうが掘れる量が多いコインが多いからです。

しかし、Radeon系よりもGeForce系のほうが掘れる量が多いコインも少しあります。

そのうちの一つがSiacoinという仮想通貨になります。

 

追記:Siacoinの掘れる量が明らかに減ってきているので掘る対象をZcashに変えました。

どれぐらい違うかというと、5月頃は10日もあれば5000SC掘れていましたが、8月現在では1か月でようやく500SCしか掘れないほど。(GTX 950)

 

 

CRYPTO MINING BLOGというサイトに以下のようにハッシュレートが記載されています。

GeForce系が掘れやすいことがわかりますね。

 

Siacoin Go Pool miner hashrate:
– GTX 1080 – 1945 MHS
– GTX 1070 – 1466 MHS
– GTX 980 Ti – 1220 MHS
– GTX 970 – 803 MHS
– GTX 950 – 385 MHS
– GTX 750 Ti – 301 MHS
– RX 480 – 872 MHS
– R9 280X – 849 MHS
– R9 290x – 1116 MHS

 

ちなみに私のPCはGTX 950 が搭載されています。

実際動かすと平均389MHSなのでほぼ同じハッシュレートが記載されています。

 

ということで、早速マイニングの準備をしましょう。

 

必要なのは以下の2つ

  1. Siacoinウォレットのアドレス
  2. マイニングツール

 

まず、Siacoinウォレットのアドレスですが、私は取引所であるPoloniexのアドレスを使用しています。

他には公式サイトのDownloadsでSia-UIというウォレット(アプリ)がダウンロードできます。

 

次にマイニングツールですが、Gominerを使用します。

他にもあるようですが、気軽にできるのでこちらを使用してみます。

 

Gominerの中に2つのBatファイルがありますが、使用するプールによって変わります。

私はSia.nanopoolを使用しているのでこちらで説明しますが、どちらでも構いません。

 

Sia.nanopoolを使用する場合は、Siacoin-Nanopool.batを編集します。

初期状態では以下のようになっていますが、このまま実行すると私のアドレスにマイニングしたコインが送られるのでアドレス(address)を変えましょう。

workerは任意で変えてください。なんでも大丈夫です。

-I の後ろに記載の22は負荷量なので重い場合は下げて軽い場合は上げるといいと思います。

 

 

編集が終わったら保存します。

ダブルクリックでコマンドプロンプトが開いて動き始めます。

 

 

画像のような動きであれば正常に動いていると思います。

 

実際どれぐらい掘れているかはSia.nanopoolで確認します。

Address欄に自分のウォレットアドレスを入力することで確認できます。

 

 

最後にHDD(ハードディスク)の空き容量を使用したマイニングですが、

一番有名なものとしてBurstというコインがあります。

 

しかしながら、この記事を書いている2017/07/30現在 公式サイトにアクセスできない現象が起きているため、また後日記事にしたいと思います。

 

HDDの空き容量でマイニングなので、GPU費用も掛からず、電気代もほとんどかからない、エコなマイニングなのでおすすめだったのですがちょっと残念です・・・。

みんなに使われている仮想通貨取引所ランキング
bitbank(日本)
bitbank

日本の古参取引所の一つ。
日本には約10程度の仮想通貨取引所が国によって認証されているが、bitFlyer/Zaif/Coicheck/bitpoint等が大きな問題を起こす中で、珍しく問題を起こしていない取引所であり、国内ではほぼ唯一信頼の置ける取引所。

仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)はできない。
仮想通貨FXをやりたい場合はbitbank Tradeに登録する必要がある。
取引可能銘柄は少なめなので、海外取引所で取引するために仲介する取引所と役割付けよう。(海外取引所では円では取引できないので国内でビットコイン等を買い送金する必要がある。)

国    :日本
メリット :信頼性が高い。
デメリット:レバレッジ取引ができない。

Binance

設立して1年も経たずに世界一の取引高となった取引所。
IEO(Initial Exchange Offering)で有名。IEOとはブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを取引所が先行販売するサービス。これらの通過は一般に取引が開始される前に公開価格よりも安く購入することができる。
2019年現在でも新規上場される通貨は高騰する傾向にある。
個人的には取引手数料が安くなる取引所コインのBNB(Binance Coin)での取引がおすすめ。
2019年7月より仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)が可能になりました!!(2019/7/20より日本国内でも可能)

国    :中国
メリット :IEO制度。多くのメジャーなアルトコインを取り扱っている。
デメリット:

BitMEX

ビットコインFXで有名な取引所。レバレッジは最大100倍まで可能。
仮想通貨FX取引所では取引高が最も高く安定したチャートを描く。
アルトコインの先物が10種類程度存在し、期日前に取引することで差也が取れやすい。レバレッジも掛けられる。
追証がないため、入金している以上のお金が取られることもない。
指値取引であればマイナス手数料(貰える側になる)になるが、成行手数料が少し高め。
資金調達という8時間毎の手数料制度を導入しており、ロング・ショート比率の乖離が大きくなると手数料が上がる。乖離が狭まる方向にポジションを持つと8時間毎の資金調達時に同等の手数料がもらえる。この制度を導入していることで健全な取引所運営がなされている。(ロングとショートの枚数が異なり乖離が広がるほど取引所の利益になる。) 通常時の手数料は0.01%程度。
日本語にも対応していて、FX取引をやりたいなら全取引所中1番のオススメ。

国    :セーシェル
メリット :サーバが落ちにくい。
デメリット:BTC価格急変時にサーバが重くなる傾向にある。

仮想通貨
スポンサーリンク
あおいうえ@仮想通貨小額分散&備忘録をフォローする
スポンサーリンク
Aoiue's memorandum

---コメント---

タイトルとURLをコピーしました