[Access VBA]VBAで簡単にテーブルの列を削除する方法

VBA(Access)
この記事は約2分で読めます。

これまで、「テーブルの列の型を変更する方法」、「テーブルの列を追加する方法」の記事を載せてきましたが、それらの続編となります。この記事を書いたらまとめを作成したいと思います。

以前の記事はこちら

ALTER TABLE を使おう

早速ですが、やっていきます。

今まで同様、テーブルに変更を加えるときは「ALTER TABLE」を使用します。

今回は列の削除なので、「DROP COLUMN」を使用します。DROPは削除を意味します。テーブルの削除もDROPなので覚えておくと良いでしょう。今回は列の削除なので型の宣言は不要です。

 テーブルを削除する →「DROP TABLE」
 列を削除する    →「DROP COLUMN」

実際のコードはこちら

データ型の指定一覧は以下のとおりです。

数値型(長整数型) ・・・ LONG
数値型(倍精度浮動小数点型) ・・・ NUMBER
通貨型 ・・・ CURRENCY
文字型(短いテキスト型) ・・・ TEXT(文字数/Max255文字)
メモ型(長いテキスト型) ・・・ MEMO
バイト型(YES/NO型) ・・・ BYTE
オートナンバー型 ・・・ COUNTER

---コメント---