パ・リーグの一軍主催試合を見たいなら半額キャンペーンやってる楽天TVに登録しよう!(2月末まで/年2,750円)

その他
スポンサーリンク

 

概要

 

ということで、表題の通り楽天TVを紹介します。

2月末までのキャンペーンで、パ・リーグの1軍主催試合が全て観れる年間プラン5,500円が半額の2,750円になってるのでお得です!月額換算で250円もしないのでどこかの吉野家の牛丼を食べるよりも安い価格となっています!

 

これだけだとピンとこないと思うので他サイトとの比較を。


DAZN 月額1,750円 (Docomo ユーザ 980円)

(巨人以外の主催試合が観れる/野球以外にもサッカーやテニスなど国内海外問わず年間計10000試合観られるんだぞーん)


パ・リーグTV 月額1,450円 (パ・リーグ有料ファンクラブ会員 950円)

(パ・リーグの試合が観れる/楽天TVにない機能として、巨人阪神主催試合が観れる&パ・リーグ2軍の試合が観れることが大きい)


 

上記2つのサービスと比べると、パ・リーグの試合だけを観たいのであれば断然楽天TVが安いことが分かります。

 

そもそも楽天TVとは?

 

野球だけではなくいろんな番組をネットで配信しているサイトです。

HuluやAmazon Prime Videoなどに似ています。

ただ、少し異なる点が1つ。

HuluやAmazon Prime Videoでは会員になっていれば全ての番組が観れますが、楽天TVの場合は番組の種類ごとにパックというものが存在しており、そのパックを契約することでその種類の番組を見ることができます。

楽天TVの会員登録だけなら無料となっています。

 

パ・リーグを観るには?

 

パ・リーグの試合を観たいのであれば、「Rakuten パ・リーグ Special」に登録することになります。

 

「Rakuten パ・リーグ Special」公式サイトはこちらです。

Rakuten パ・リーグSpecial
パ・リーグの試合をLIVE&録画中継(見逃し配信)で全試合配信。スマホやPS4だけでなく、テレビの大画面でも高画質で観戦いただけます!

 

評判

 

いくつかのサイトで「Rakuten パ・リーグ Special」の評判を観た結果

 

・ほぼリアルタイムで試合を観ることが可能。

・DAZNと比べても遅延速度はあまり変わらない。

・PCとスマホで観れるが、若干スマホの方が遅延する。

・画質もDAZNとあまり変わらない。

・2軍の試合は観れない。

・交流戦セ・リーグ主催試合が観れない(この時だけパ・リーグTVの交流戦パックを買おう/9試合×6チーム)。

・オープン戦も本拠地以外は観れないことが多い(本拠地であれば観れる)。

・見逃し配信(録画)もあるので、LIVEで観れなくても後日観れる。

・ダイジェストやヒーローインタビューもある。

 

と、安い割にライブ配信サービスとしては十分な役割を果たしてくれるようで評価としてはまずまずな結果に。

交流戦だけが見れないので、全143試合から交流戦セ・リーグ主催の9試合を引いた134試合が観られる計算となります。

 

まとめ

 

・月あたり250円しないのでハーゲンダッツより安い!

・月あたり250円しないので月刊漫画雑誌より安い!!

・月あたり250円しないので吉野家の牛丼より安い!!!

・月あたり250円しないのでコンビニ弁当よりも安い!!!!

・月あたり250円しないので東京横浜間の電車賃より安い!!!!!

 

今日はここまで。

ノシ

みんなに使われている仮想通貨取引所ランキング
bitbank(日本)
bitbank

日本の古参取引所の一つ。
日本には約10程度の仮想通貨取引所が国によって認証されているが、bitFlyer/Zaif/Coicheck/bitpoint等が大きな問題を起こす中で、珍しく問題を起こしていない取引所であり、国内で少ない信頼の置ける取引所。

仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)はできない。
仮想通貨FXをやりたい場合はbitbank Tradeに登録する必要がある。
取引可能銘柄は少なめなので、海外取引所で取引するために仲介する取引所と役割付けよう。(海外取引所では円では取引できないので国内でビットコイン等を買い送金する必要がある。)

国    :日本
メリット :信頼性が高い。
デメリット:レバレッジ取引ができない。

Binance

設立して1年も経たずに世界一の取引高となった取引所。
IEO(Initial Exchange Offering)で有名。IEOとはブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを取引所が先行販売するサービス。これらの通過は一般に取引が開始される前に公開価格よりも安く購入することができる。
2019年現在でも新規上場される通貨は高騰する傾向にある。
2019年夏より2周年アニバーサリーとしてFX取引も開始される。(日本国内では不可。)
ビットコインから分裂するコイン(フォークコイン)もいち早く貰える事が多いので欲しい人はBinanceにビットコインを置いておこう。
個人的には取引手数料が安くなる取引所コインのBNB(Binance Coin)での取引がおすすめ。

国    :中国
メリット :IEO制度。多くのメジャーなアルトコインを取り扱っている。
デメリット:日本からはFX取引ができない。

BitMEX

ビットコインFXで有名な取引所。レバレッジは最大100倍まで可能。
仮想通貨FX取引所では取引高が最も高く安定したチャートを描く。
アルトコインの先物が10種類程度存在し、期日前に取引することで差也が取れやすい。レバレッジも掛けられる。
追証がないため、入金している以上のお金が取られることもない。
指値取引であればマイナス手数料(貰える側になる)になるが、成行手数料が少し高め。
資金調達という8時間毎の手数料制度を導入しており、ロング・ショート比率の乖離が大きくなると手数料が上がる。乖離が狭まる方向にポジションを持つと8時間毎の資金調達時に同等の手数料がもらえる。この制度を導入していることで健全な取引所運営がなされている。(ロングとショートの枚数が異なり乖離が広がるほど取引所の利益になる。) 通常時の手数料は0.01%程度。
日本語にも対応していて、FX取引をやりたいなら全取引所中1番のオススメ。

国    :セーシェル
メリット :サーバが落ちにくい。
デメリット:BTC価格急変時にサーバが重くなる傾向にある。

その他
スポンサーリンク
あおいうえ@仮想通貨小額分散&備忘録をフォローする
スポンサーリンク
Aoiue's memorandum

コメント

タイトルとURLをコピーしました