Amazonで凄く評価の高いAMD CPU の Ryzen 5 2600 を使ってみた(性能/ベンチマーク)

その他
スポンサーリンク

 

(2019/01/22 : リライト)

 

概要

 

こんにちは。仮想通貨に飽きてきたあおいです。(やらないとは言っていない

 

少し前にPCパーツを総入れ替えしたのでCPUに関する簡潔なレビューをしたいと思います。

 

以前まではIntel Core i5 2500K を使っていたのですが、モニターを3台に増やしてからは起動するソフトやブラウザも増え少しずつ重くなっていったので、新しいものに入れ替えようと検討。

で、ネットを調べていると最近発売されたAMDのCPUはコストパフォーマンスに優れていることを知り、Intelしか使ったことのない私でもAMDに移行を決意しました。

 

この記事では私が今回購入するに至ったAMD CPUの Ryzen 5 と、購入するまでに参考にした Intel CPUの Core i5 で性能と価格を比較していきたいと思います。

 

売れ行きと価格について

 

Amazonで売れ行きを調べると、AMD Ryzen 5 では 2600 シリーズ , Intel Core i5 では 8400 シリーズが好調であり、評価数も多く評価の高いCPUであることがわかります。特に AMD Ryzen 5 2600 は Amazonでベストセラーとなっています。

 

価格では、Ryzen 5 2600は約19,000円 Core i5 8400は約38,000円であり約2倍もの価格差がついています。

 

【2018/12/23:追記】価格の推移

2018/12/23追記 : 23日現在ではRyzen 5 2600 は 約19,800円(表記は約23,700円になっているが、リンク先のAmazonにアクセスすると約19,700円で販売されている。)、Core i5 8400が約31,000円となっており、約1.5倍程度の価格差になっています。

 

【2019/01/22:追記】価格の推移

2019/01/22追記 : 22日現在ではRyzen 5 2600 は 約20,500円、Core i5 8400が約29,000円となっており、約1.4倍程度の価格差となっています。

 

価格面のみを考慮すると、Intel CPU に標準で備わっているオンボードグラフィック(画面をモニターに映す)機能がRyzen CPUにはないため、Ryzen CPUを使用する場合は別途GPU(グラフィックボード)を購入する必要となります。

これらを考慮すると、ハイスペックなグラフィック処理を必要としない方であればCore i5 8400のほうが有利に、既にGPU持っている方、あるいは、ハイスペックなグラフィック処理が必要であれば、Ryzen 5 2600が少し有利になりそうです。

 

性能について

 

では実際に性能の差を見ていきましょう。

今回はCPU-Zのサイトに載っているベンチマークの結果を使用します。

 

まずは単体スレッド性能。こちらはRyzen 5 2600が載っておらず、Ryzen 5 2600Xとの比較に。

CPU-Z Benchmark - CPU-Z VALIDATOR
Best CPU performance - 64-bit - September 2019

 

AMD Ryzen 5 2600X : 455

Intel Core i5 8400 : 449

 

大きな差はないようです。このことからAMD Ryzen 5 2600Xよりも性能の低いAMD Ryzen 5 2600であることを考慮すると、単体スレッドではIntel Core i5 8400が勝る可能性が高いようです。

 

次にマルチスレッド性能を見ていきましょう。

 

始めにCore i5 8400のベンチマークが載っている6スレッド性能一覧。

CPU-Z Benchmark - CPU-Z VALIDATOR
Best CPU performance - 64-bit - September 2019

Core i5 8400の性能は2601でした。

 

次にRyzen 5 2600がのベンチマークが載っている12スレッド性能一覧。

CPU-Z Benchmark - CPU-Z VALIDATOR
Best CPU performance - 64-bit - September 2019

結果は3383でした。

 

性能に大きく差が出ていることがわかります。

最近AMDのCPUのコストパフォーマンスが上がっているという話は伊達ではないようです。

Ryzen 5 2600はCore i5 8400の約30%引きの価格にもかかわらず、約30%Upの性能を持っていました。

 

【後日追記】Core i5 8600Kのベンチマーク

念のため Core i5 8400の上位である Core i5 8600Kのベンチマーク(マルチスレッド性能)を載せておきます。

CPU-Z Benchmark - CPU-Z VALIDATOR
Best CPU performance - 64-bit - September 2019

 

ベンチマークは2824でした。

上位であるCore i5 8600Kでも、Ryzen 5 2600のほうが高い性能となっています。

 

まとめ

 

・単体スレッド性能ではIntel Core i5 8400が優れている可能性が高い。

・マルチスレッド性能では AMD Ryzen 5 2600 が大きく優れている。

 

→単体で処理するソフトではIntel Core i5 8400、並行処理を行うソフトであればAMD Ryzen 5 2600 を選択するのがいいようです。

今現在では並行処理を行うソフトが大多数を占めているため、 AMD Ryzen 5 2600 を選択しておけば無難といえるでしょう。

 

(比較はここまで。)

 

(番外編1)CPUを買った時

 

話は変わり、ここからは私が実際にAMD Ryzen 5 2600のCPUを買った時のお話を。

 

今までIntelだったこともあり、最近のマザーボードに対応していないパーツたちも含めて総入れ替え。

最新のCPUに対応しているチップセットを買う必要があるのでマザーボードを購入。

今まで使っていたメモリはDDR3だったので、最新のマザーボードで必要になるDDR4メモリも購入。

 

筆者はマザーボード、メモリ共にAmazonで人気のある下記製品を購入。マザーボード:約16,000円,メモリ:約19,000円

 


2019/02/19追記:メモリがめっちゃ安くなってるぞ!!な、なんと12000円台w

私、10月頃に約19,000円で買ったんですけど、、、。あの頃からまさかの2/3の価格に・・・。


 

電源は以前から使っているものを流用。700Wあるので十分。名前は忘れた・・・。

GPUも以前から使っているGeforce GTX 1050TiとGeforce GTX 950を流用。

CPUクーラーは、AMDCPUに付属でついているものを使うことに。

 

最終的にCPU+マザーボード+メモリで約54,000円の出費。

個人的には十分に出費を抑えられたので満足な結果となりました。

 

で、早速最新のマザーボードにCPUやらなんやらを取り付けて Windows 10をインストール。

問題なく起動できたのを確認してからベンチマークを測ってみることに。

 

マザーボードの機能の一つである自動でオーバークロック(OC)してくれる機能を使い、通常時3.4GHzであるCPUのクロック数を3.85GHzに。

メモリもオーバークロックして通常時2666MHzを3200MHzに。

両方とももう少しオーバークロックすることも可能らしいのですが、寿命を考えると少し妥協しました。

 

で、結果を。

 

ブーストしたとはいえ、3500を超える結果に。

CPU-Zが出していたベンチマークが3383だったので少し嬉しい結果となりました。

 

そしてここで重要なのが、マルチスレッド性能がIntelのCore i7 8700Kに迫る性能だったということ。

約200しか差がないのです。

もちろん 8700Kをブーストしたら一気に離されること間違いないのですが、通常時の稼動と比べて遜色ないのであれば十分な結果と言えるでしょう。

(単体スレッド性能では圧倒的にCore i7 8700Kに軍配が上がります。)

 

Core i7 8700KをAmazonで調べてみると約49,000円。まあ、やはり高いですね。

Ryzen 5 2600の約2.5倍の価格なので、それほどの高スペックを求めていなければ、Ryzen 5 2600のほうが良さそうと感じます。

 

(番外編2)ひとことふたこと

 

話は戻り、上のほうでRyzen CPUにはオンボードグラフィックはついていないという話をしていたのですが、これには例外があります。

Ryzen の 製品型番の後ろにGがついているタイプです。これらにはオンボードグラフィック機能もついているのでGPUいらずでモニターに画面を映す事が可能となります。

Ryzen 5であれば Ryzen 5 2400Gが該当します。コア数少なめなのでゲームをあまりしないという方におすすめです。

 

私は「ゆゆゆい」という「結城友奈は勇者である」というアニメが元になった

「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」というゲームを時たまやるのですが、

以前使っていた第2世代のCPU、Core i5 2500kだと戦闘フェーズの時によくカクカクしていました。

しかしRyzen 5 2600に変えてからは物凄く快適に。本当にいい買い物をしたと思います。

 

【結城友奈は勇者である 花結いのきらめき】

DMM.com ログイン - DMM.com

 

最後に

 

Ryzen 5 2600でものすごいオーバークロックしている人がいたのでご紹介。

とりあえずランキング。

Top 15 Highest frequencies for AMD Ryzen 5 2600 Six-Core Processor - CPU-Z VALIDATOR
CPU-Z VALIDATOR is the world-recognized standard for system analysis & performance validation

1位の人が5742MHz(5.742GHz)を叩き出している事がわかります。

通常時の約1.8倍 異常すぎますw

 

詳細を見てみると、「Cores Frequencies」のところに「#00: 5742.54 MHz  #01: 2552.24 MHz  #02: 2552.24 MHz  #03: 601.84 MHz #04: 601.84 MHz  #05: 601.84 MHz 」と書いてあり、後半のコアではクロック数はかなり低め。

こうすることで最初のコアのスペックを上げているのだろうか?いろいろ試して見る価値はあるのかもしれませんね。。。(寿命考えたらやりたくないけど。

 

【1位詳細はこちら】

AMD Ryzen 5 2600 @ 5742.54 MHz - CPU-Z VALIDATOR
Validated Dump by Lucky_n00b (2018-05-16 14:32:46) - MB: Gigabyte X470 AORUS GAMING 7 WIFI-CF - RAM: 2298 MB

 

この記事は少しでも参考になったでしょうか?

参考になってることを祈りつつ今回はこれにて。ノシ

みんなに使われている仮想通貨取引所ランキング
bitbank(日本)
bitbank

日本の古参取引所の一つ。
日本には約10程度の仮想通貨取引所が国によって認証されているが、bitFlyer/Zaif/Coicheck/bitpoint等が大きな問題を起こす中で、珍しく問題を起こしていない取引所であり、国内ではほぼ唯一信頼の置ける取引所。

仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)はできない。
仮想通貨FXをやりたい場合はbitbank Tradeに登録する必要がある。
取引可能銘柄は少なめなので、海外取引所で取引するために仲介する取引所と役割付けよう。(海外取引所では円では取引できないので国内でビットコイン等を買い送金する必要がある。)

国    :日本
メリット :信頼性が高い。
デメリット:レバレッジ取引ができない。

Binance

設立して1年も経たずに世界一の取引高となった取引所。
IEO(Initial Exchange Offering)で有名。IEOとはブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを取引所が先行販売するサービス。これらの通過は一般に取引が開始される前に公開価格よりも安く購入することができる。
2019年現在でも新規上場される通貨は高騰する傾向にある。
個人的には取引手数料が安くなる取引所コインのBNB(Binance Coin)での取引がおすすめ。
2019年7月より仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)が可能になりました!!(2019/7/20より日本国内でも可能)

国    :中国
メリット :IEO制度。多くのメジャーなアルトコインを取り扱っている。
デメリット:

BitMEX

ビットコインFXで有名な取引所。レバレッジは最大100倍まで可能。
仮想通貨FX取引所では取引高が最も高く安定したチャートを描く。
アルトコインの先物が10種類程度存在し、期日前に取引することで差也が取れやすい。レバレッジも掛けられる。
追証がないため、入金している以上のお金が取られることもない。
指値取引であればマイナス手数料(貰える側になる)になるが、成行手数料が少し高め。
資金調達という8時間毎の手数料制度を導入しており、ロング・ショート比率の乖離が大きくなると手数料が上がる。乖離が狭まる方向にポジションを持つと8時間毎の資金調達時に同等の手数料がもらえる。この制度を導入していることで健全な取引所運営がなされている。(ロングとショートの枚数が異なり乖離が広がるほど取引所の利益になる。) 通常時の手数料は0.01%程度。
日本語にも対応していて、FX取引をやりたいなら全取引所中1番のオススメ。

国    :セーシェル
メリット :サーバが落ちにくい。
デメリット:BTC価格急変時にサーバが重くなる傾向にある。

その他
スポンサーリンク
あおいうえ@仮想通貨小額分散&備忘録をフォローする
スポンサーリンク
Aoiue's memorandum

---コメント---

タイトルとURLをコピーしました