ASUS ZENFONE 3 (ZE520KL) 台湾版(TW) を購入しました

その他
スポンサーリンク

最近、ASUSのZenfone 3 の台湾版を購入しましたので、シェアします。

ちなみに私が購入したのは、メモリ:4GB,ストレージ:64GB版です。

 

そもそも、なぜ台湾版なのか。それは、お値段と性能の違いです。

簡単に表にまとめました。日本版よりも性能が良く、お値段が安いことがわかります。

日本版台湾版台湾版
メモリ3GB3GB4GB
ストレージ32GB32GB64GB
値段¥39,000
(正規,Amazon)
¥31,995
(Amazon:2017/2/5現在)
¥37,110
(Amazon:2017/2/5現在)
※日本版にはメモリ4GB,ストレージ64GB版はなし。
※香港版は付属充電器が異なり、日本では変換アダプタが必要。
※WW版は対応バンドが日本向きではない。

 

□Amazon 販売サイト

 

もし、Amazonで台湾版を購入したい場合は、出品者に気をつけましょう。

WW版や、香港版などもある為です。

私は商品説明に台湾版であることを明記されている、モバイル販売さんから購入しました。

 

ここからは、Zenfone 3 を購入して気づいたこと、感じたことを書いていきます。

 

■Google Drive 2年間 100GB 無料!

まずはこれ。Zenfone 3を初めて起動した時に、設定を行いますが、その際に出てきたのがこのGoogle Drive 2年間 100GB 無料クーポン。

私は写真をネット上に保管するために、Googleドライブに100GB 200円/月払っていたので、年間で4800円お得に。

確認はしてませんが、もしかしたら日本版にもあるかもしれません。

 

■Sim設定が必要

格安SimやDocomoのSimを含めどのSimでも最初は設定が必要です。

・設定方法

【格安SIM】

設定>もっと見る>モバイルネットワーク>アクセスポイント名

契約している事業者を選択

【Docomo】

設定>もっと見る>モバイルネットワーク>アクセスポイント名>+(右上)

名前: 任意
APN: spmode.ne.jp
タイプ: CHAP

 

■デュアルSimが使える

デュアルSimに関しては既に多くのスマホから出ていますが、

Zenfone 3の場合、常に画面上でどちらのSimを使うか選択できます。

電話する際にどちらの電場番号で掛けるか選択できるのです。

こちらは、台湾版、日本版関係なくデュアルSIMです。

 

■性能の高さ

Xperia Z2に比べ、スライドがぬるぬるで、処理も早く感じました。

ゲームをする際は特に顕著で、Xperiaで固まったりしていた動作がすごく軽く動いてくれます。

メモリ4GBの偉大さを感じられます。

 

■指紋認証

こちらもXperia Z2になかったものが使えるので、PINコード等を打つことなく手間が省けます。

認証には、Bluetoothイヤホンでもできるようです。(実体験)

 

■画面の広さについて

ホームボタンや戻るボタンが画面上(ソフトボタン)にあるXperia Z2と異なり、

Zenfone 3では下のハードボタンにある為、ソフトボタン分、画面が広く感じます。

 

■USB C-type

Zenfone 3ではMicro USBではなくMacbookでも使われている新規格のUSB C-typeが使われています。

この新規格のUSBでは旧規格と異なり、コードを刺す向き決まっておらず、どちら向きでもさせるようになっています。

また、充電速度がかなり上がっており、体感1時間程度で充電されているように感じます。

また私のように手帳型のカバーを使用している人にとって充電(USB)位置は重要で、

この充電位置がXperia Z2では左側側面に位置するため、充電中は手帳型カバーを閉じることができませんでしたが、

Zenfone 3では下に位置するため、充電する際に手帳型カバーを開ける必要がなくなったのが大きなメリットになっています。

 

 

以上、簡単なシェアでした。

以下は、私が購入したパーツを紹介します。

 

みんなに使われている仮想通貨取引所ランキング
bitbank(日本)
bitbank

日本の古参取引所の一つ。
日本には約10程度の仮想通貨取引所が国によって認証されているが、bitFlyer/Zaif/Coicheck/bitpoint等が大きな問題を起こす中で、珍しく問題を起こしていない取引所であり、国内で少ない信頼の置ける取引所。

仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)はできない。
仮想通貨FXをやりたい場合はbitbank Tradeに登録する必要がある。
取引可能銘柄は少なめなので、海外取引所で取引するために仲介する取引所と役割付けよう。(海外取引所では円では取引できないので国内でビットコイン等を買い送金する必要がある。)

国    :日本
メリット :信頼性が高い。
デメリット:レバレッジ取引ができない。

Binance

設立して1年も経たずに世界一の取引高となった取引所。
IEO(Initial Exchange Offering)で有名。IEOとはブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを取引所が先行販売するサービス。これらの通過は一般に取引が開始される前に公開価格よりも安く購入することができる。
2019年現在でも新規上場される通貨は高騰する傾向にある。
2019年夏より2周年アニバーサリーとしてFX取引も開始される。(日本国内では不可。)
ビットコインから分裂するコイン(フォークコイン)もいち早く貰える事が多いので欲しい人はBinanceにビットコインを置いておこう。
個人的には取引手数料が安くなる取引所コインのBNB(Binance Coin)での取引がおすすめ。

国    :中国
メリット :IEO制度。多くのメジャーなアルトコインを取り扱っている。
デメリット:日本からはFX取引ができない。

BitMEX

ビットコインFXで有名な取引所。レバレッジは最大100倍まで可能。
仮想通貨FX取引所では取引高が最も高く安定したチャートを描く。
アルトコインの先物が10種類程度存在し、期日前に取引することで差也が取れやすい。レバレッジも掛けられる。
追証がないため、入金している以上のお金が取られることもない。
指値取引であればマイナス手数料(貰える側になる)になるが、成行手数料が少し高め。
資金調達という8時間毎の手数料制度を導入しており、ロング・ショート比率の乖離が大きくなると手数料が上がる。乖離が狭まる方向にポジションを持つと8時間毎の資金調達時に同等の手数料がもらえる。この制度を導入していることで健全な取引所運営がなされている。(ロングとショートの枚数が異なり乖離が広がるほど取引所の利益になる。) 通常時の手数料は0.01%程度。
日本語にも対応していて、FX取引をやりたいなら全取引所中1番のオススメ。

国    :セーシェル
メリット :サーバが落ちにくい。
デメリット:BTC価格急変時にサーバが重くなる傾向にある。

その他
スポンサーリンク
あおいうえ@仮想通貨小額分散&備忘録をフォローする
スポンサーリンク
Aoiue's memorandum

コメント

タイトルとURLをコピーしました