[仮想通貨/暗号通貨]BTCFX(ビットコインFX)証拠金維持率の計算方法(追加証拠金制度【追証(おいしょう)】)

仮想通貨
スポンサーリンク

 

証拠金維持率の計算方法をネットで調べると難しいことしか書いてなくてちんぷんかんぷんなので

今回は仮想通貨におけるBTCFXの証拠金維持率の計算方法を書きたいと思います。

間違っていたらすぐご連絡いただけると助かります。

 

証拠金維持率の計算式

 

(保有資産-(買った時の通貨の価格-現在の価格)×購入枚数)/(買った時の通貨の価格×購入枚数/レバレッジ倍率)=証拠金維持率

茶色部分を有効証拠金、紫の部分を取引証拠金といいます。

 

例)資産10万円の時に10倍レバレッジでビットコイン2枚を、

①50万円で買った。

(資産10万-(50万-50万)×2枚)/(BTC50万×2枚/10倍レバレッジ)=10万/10万=証拠金維持率100%

②49万円になった。

(資産10万-(50万-49万)×2枚)/(BTC50万×2枚/10倍レバレッジ)=8万/10万=証拠金維持率80%

③40万円になった。

(資産10万-(50万-40万)×2枚)/(BTC50万×2枚/10倍レバレッジ)=-10万/10万=証拠金維持率-100%

④60万円になった。

(資産10万-(50万-60万)×2枚)/(BTC50万×2枚/10倍レバレッジ)=30万/10万=証拠金維持率300%

 

こんな感じになります。

ちなみに証拠金維持率がマイナスになったら晴れて借金生活に入ります^_^

 

で、よく使われているbitFlyerのBTCFXの場合、追証が証拠金維持率の80%、強制ロスカットが証拠金維持率の50%なので、BTC価格が49万円以下で追証が発生、47.5万円以下になったときに強制ロスカットが発生します。

 

レバレッジとは

そもそもレバレッジとは?ってなる人がいるのではないかなーと。

 

簡単に話すと、

あなたが持っている資産の何倍で取引しますか?ってことです。

もし10万円の資産を持っている場合、レバレッジを5倍に設定すると、最大50万円分取引が可能になります。

 

BTC価格が50万円とした時に、1BTC分欲しいけど10万円しか持ってないとなると、通常は0.2BTC分しか買えないけど、レバレッジ5倍で1BTC分取引できるようになります。

 

めっちゃいいじゃんと思われる方、もちろんレバレッジには落とし穴があります。

 

先程の証拠金維持率の計算式を当てはめると分かるのですが、BTCをレバレッジ5倍、50万円で1枚買った時にBTC価格が40万円になった時点であなたの資産は0円になります。更にBTC価格が下回ると晴れて借金生活です^_^

(資産10万-(50万-40万)×1枚)/(BTC50万×1枚/5倍レバレッジ)=0万/10万=証拠金維持率0%

 

簡単な話、資産が10万円でとある通貨を1枚持っておくと、その通貨の価格が10万円下がったら0になるよねってことです。

 

まあ、bitFlyerでは証拠金維持率50%以下(BTC45万円以下)でロスカットされるので、基本的には資産半減で済むと思います。

 

(番外編)借金生活になる方法

これは簡単です。

追加証拠金制度(追証)を導入、0カット制度のない取引所において、ロスカットされる証拠金維持率を急に大幅に下回ったときです。ロスカットされた時点でマイナスの証拠金維持率であれば晴れて借金生活になれます^_^

日本ではほとんどのFX取引所で追加証拠金制度があります。逆に海外では追加証拠金制度がある取引所は少なく、0カット制度が導入されており、口座の額以上に損をすることはありません。

0カット制度とは、証拠金維持率が0%付近または以下でロスカットされたとしても資産はマイナスにならず0になる事を言います。

 

借金生活になる方法はこの動画を見ると全てがわかります。

 

【2015年1月15日に起きたスイスフランの大暴落】

 

最後まで読んでくれたあなたに一言。

bitFlyerには追証があるが、BitMEXには追証がありません。0カットです。

(私がBitMEXをおすすめする最大の理由はこれです。)

(真面目な話、この記事書いた理由はこれのためだけです。)

 

2017/11/18追記:

最近、BitMEXは日本語化されましたね。

海外のBTCFX取引所では唯一日本語で取引できる取引所ということでもおすすめします。

 

今回は以上です。

 

 

みんなに使われている仮想通貨取引所ランキング
bitbank(日本)
bitbank

日本の古参取引所の一つ。
日本には約10程度の仮想通貨取引所が国によって認証されているが、bitFlyer/Zaif/Coicheck/bitpoint等が大きな問題を起こす中で、珍しく問題を起こしていない取引所であり、国内で少ない信頼の置ける取引所。

仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)はできない。
仮想通貨FXをやりたい場合はbitbank Tradeに登録する必要がある。
取引可能銘柄は少なめなので、海外取引所で取引するために仲介する取引所と役割付けよう。(海外取引所では円では取引できないので国内でビットコイン等を買い送金する必要がある。)

国    :日本
メリット :信頼性が高い。
デメリット:レバレッジ取引ができない。

Binance

設立して1年も経たずに世界一の取引高となった取引所。
IEO(Initial Exchange Offering)で有名。IEOとはブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを取引所が先行販売するサービス。これらの通過は一般に取引が開始される前に公開価格よりも安く購入することができる。
2019年現在でも新規上場される通貨は高騰する傾向にある。
2019年夏より2周年アニバーサリーとしてFX取引も開始される。(日本国内では不可。)
ビットコインから分裂するコイン(フォークコイン)もいち早く貰える事が多いので欲しい人はBinanceにビットコインを置いておこう。
個人的には取引手数料が安くなる取引所コインのBNB(Binance Coin)での取引がおすすめ。

国    :中国
メリット :IEO制度。多くのメジャーなアルトコインを取り扱っている。
デメリット:日本からはFX取引ができない。

BitMEX

ビットコインFXで有名な取引所。レバレッジは最大100倍まで可能。
仮想通貨FX取引所では取引高が最も高く安定したチャートを描く。
アルトコインの先物が10種類程度存在し、期日前に取引することで差也が取れやすい。レバレッジも掛けられる。
追証がないため、入金している以上のお金が取られることもない。
指値取引であればマイナス手数料(貰える側になる)になるが、成行手数料が少し高め。
資金調達という8時間毎の手数料制度を導入しており、ロング・ショート比率の乖離が大きくなると手数料が上がる。乖離が狭まる方向にポジションを持つと8時間毎の資金調達時に同等の手数料がもらえる。この制度を導入していることで健全な取引所運営がなされている。(ロングとショートの枚数が異なり乖離が広がるほど取引所の利益になる。) 通常時の手数料は0.01%程度。
日本語にも対応していて、FX取引をやりたいなら全取引所中1番のオススメ。

国    :セーシェル
メリット :サーバが落ちにくい。
デメリット:BTC価格急変時にサーバが重くなる傾向にある。

仮想通貨
スポンサーリンク
あおいうえ@仮想通貨小額分散&備忘録をフォローする
スポンサーリンク
Aoiue's memorandum

コメント

タイトルとURLをコピーしました