BTCFX(ビットコインFX)取引が可能な取引所

仮想通貨
スポンサーリンク

 

稼ぎ方と安直に書きましたが実際に稼げるかは保証しません。

自己責任でお願いしますね。

 

BTCFX取引が可能な取引所

まず、BTCFXができる取引所は主に2ヶ所あります。

  1. bitFlyer
  2. BitMEX

 

違いは、bitFlyerが国内であるのに対しBitMEXは海外であることです。

 

影響としては

  1. 日本ではFXは資産の最大25倍と定められており、bitFlyerでは15倍までしか取引できないが、BitMEXは海外であるため、その制限に引っかからず最大100倍まで取引が可能である。
  2. 国内であるbitFlyerは円を入金すればすぐに取引できるが、海外のBitMEXでは国内の取引所(bitFlyerCoincheckZaif等)からビットコインを送る必要があるので取引までに時間がかかる。

の2点があります。

 

上記の影響を踏まえると、国内取引所であるbitFlyerに入金すれば取引でき、そこからBitMEXに送ればいいという考えができるので、まずはじめにbitFlyerに登録するというのがメジャーになっています。

 

※ただし、国内の取引所に登録する際は資金決済に関する法律(資金決済法)により、はがき自宅送付による住所確認が必要になります。感覚的ですが、はがき到着まで数日程度かかります。

【参考資料:[PDF]仮想通貨 に関する – 金融庁】

http://www.fsa.go.jp/common/about/20170403.pdf

 

BTCFXでの稼ぎ方

BTCFXで実際にやっている私のやり方を書きます。

もし取引する際は自己責任でお願いしますね。

bitFlyerBitMEXの両方を使っています。

 

(2018/2/18追記)実際に取引する際は大局を見て暴落しないという確信があるときのみやって下さい

 

bitFlyer
bitFlyerはリスクお抑えて少しずつ稼ぐのがメインで、朝と夜に一度確認だけのやり方をしています。

 

基本的にはBTC価格が2/3になってもロスカットされない程度に下10万円まで1万から2万ずつ指値を入れて、次見たときに刺さって上がっていたら売ります。

 

【指値イメージ】

 

【売買イメージ:644,000円の時】

 

基本的にやっているのはこれだけです。

これを朝と夜に一回だけ確認することで、指値に刺さって上がっていることが多いのかなと感じています。

 

このやり方で9月中旬からやって、原資4万円から9万円(年次:-40,000→+13,000)にまで増えました。

 

BitMEX

(2018/02/18追記)BitMEXからXBJZ17は削除されました。

最近ではアルトが暴騰した時にショートしています。(主にXRP)

(もちろん更に上る可能性があるので注意が必要です。)

 

ちなみにアルトはすべて先物です。

通貨によっては期限が異なるので注意して下さい。

 

【現在対応しているアルト先物一覧(2018/02/18現在)】

  1. ADA
  2. BCH
  3. DASH
  4. ETH
  5. ETC
  6. LTC
  7. NEO
  8. XMR
  9. XRP
  10. XLM
  11. ZCH

 

BitMEXはあまり使ってませんが、以下の様な場合に一気に稼ぎます。

チャートはXBJZ17を見ます。先物のようにも見えますが気にしません。(問題がある場合はご連絡下さい。)

基本的にはXBJZ17(赤緑線)を確認してBXBTJPY(紫線)との価格に差が出たときに取引を行います。(乖離)

 

【乖離イメージ】矢印の部分でXBJZ17(赤緑線)とBXBTJPY(紫線)で乖離が起きている

 

この紫線ですが、BXBTJPYと呼ばれており、BitMEXのヘルプには以下のような記載がされています。(抜粋)

 

The BitMEX .BXBTJPY Index tracks the Bitcoin price every minute. The Bitcoin price is calculated from the last price at BitMEX Index.

.BXBTJPY pricing is currently derived from 50% Bitflyer and 50% Quoine.

 

【ヘルプ】https://www.bitmex.com/app/index/.BXBTJPY

 

『毎分、bitFlyerとQuoine取引所から50%ずつビットコイン価格を取得し計算している』ということのようで、予測ですが2つの日本の取引所の中間の価格を取得することでビットコインの平均価格に近い値を表示させているのかなと思っています。

後から知りましたが、QUOINEXは国内近畿の取引所なんですね…。勝手に海外と思ってましたw

 

で、その平均価格に近い線(紫線)から外れたときの赤緑線ですが、矢印を見ると分かるように過去のチャートでは最終的に紫線へと回帰しています。

そこに目をつけました。

 

やり方としては、簡単です。

紫線よりも上に乖離したらショート(空売り)、下に乖離したらロング(買い)するだけです。

ただ、これには穴があり、図の右の青上矢印のときに紫線が”2度”上がっていますが、1度目に上がった時点でショート(空売り)していると少し負ける可能性があります。

その際は、自分の懐等を確認し損切りするか、更にショートするかご自身で判断してください。

 

今回はここまでです。

少しでも参考になればと思います。以上。

 

後日談

(2017/10/30追記)

まあ、後日談というか直後談なんですけど、先ほど紹介したBitMEXで、一番右の赤矢印があるところ、下に乖離していると思うのですがそれがなんとBTCの暴騰で一気に解消されました!!

 

(とはいえ、超少額での取引しかしてないので悔しいww 0.0160BTC→0.0262BTC)

 

【チャート】

 

【取引履歴】

 

【取引結果】

 

さっきまでは可能性高いな程度に感じてましたが、これでもうほぼ確信に変わりました。とはいえ油断は禁物なので今後も頑張りたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

 

BitMEX日本語化!

 

2017/11/18追記:

BitMEXが日本語化されました!

使いやすくなってるのでおすすめです!

 

BitMEX 日本語化

 

追記、以上です!

 

みんなに使われている仮想通貨取引所ランキング
bitbank(日本)
bitbank

日本の古参取引所の一つ。
日本には約10程度の仮想通貨取引所が国によって認証されているが、bitFlyer/Zaif/Coicheck/bitpoint等が大きな問題を起こす中で、珍しく問題を起こしていない取引所であり、国内ではほぼ唯一信頼の置ける取引所。

仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)はできない。
仮想通貨FXをやりたい場合はbitbank Tradeに登録する必要がある。
取引可能銘柄は少なめなので、海外取引所で取引するために仲介する取引所と役割付けよう。(海外取引所では円では取引できないので国内でビットコイン等を買い送金する必要がある。)

国    :日本
メリット :信頼性が高い。
デメリット:レバレッジ取引ができない。

Binance

設立して1年も経たずに世界一の取引高となった取引所。
IEO(Initial Exchange Offering)で有名。IEOとはブロックチェーンプロジェクトの発行するトークンを取引所が先行販売するサービス。これらの通過は一般に取引が開始される前に公開価格よりも安く購入することができる。
2019年現在でも新規上場される通貨は高騰する傾向にある。
個人的には取引手数料が安くなる取引所コインのBNB(Binance Coin)での取引がおすすめ。
2019年7月より仮想通貨FX(レバレッジ/証拠金取引)が可能になりました!!(2019/7/20より日本国内でも可能)

国    :中国
メリット :IEO制度。多くのメジャーなアルトコインを取り扱っている。
デメリット:

BitMEX

ビットコインFXで有名な取引所。レバレッジは最大100倍まで可能。
仮想通貨FX取引所では取引高が最も高く安定したチャートを描く。
アルトコインの先物が10種類程度存在し、期日前に取引することで差也が取れやすい。レバレッジも掛けられる。
追証がないため、入金している以上のお金が取られることもない。
指値取引であればマイナス手数料(貰える側になる)になるが、成行手数料が少し高め。
資金調達という8時間毎の手数料制度を導入しており、ロング・ショート比率の乖離が大きくなると手数料が上がる。乖離が狭まる方向にポジションを持つと8時間毎の資金調達時に同等の手数料がもらえる。この制度を導入していることで健全な取引所運営がなされている。(ロングとショートの枚数が異なり乖離が広がるほど取引所の利益になる。) 通常時の手数料は0.01%程度。
日本語にも対応していて、FX取引をやりたいなら全取引所中1番のオススメ。

国    :セーシェル
メリット :サーバが落ちにくい。
デメリット:BTC価格急変時にサーバが重くなる傾向にある。

仮想通貨
スポンサーリンク
あおいうえ@仮想通貨小額分散&備忘録をフォローする
スポンサーリンク
Aoiue's memorandum

---コメント---

タイトルとURLをコピーしました